よくあるご質問

よくあるご質問

LED照明と、電球や蛍光灯では明るさが違うの?

明るさは変わりありませんが、目的の場所が明るくなるのがLED照明の特徴です。

明るさは、人の目に入ってくる光の光量で決まります。それも照明器具からの直接光だけでなく、天井や壁などで反射した光も含まれますので、白い部屋ほどより明るくなるなど周囲の環境に左右され、一概に照明の種類やワット数などでは決まりません。但し、LEDには配光(光の角度)が狭く、 目的の箇所以外に拡散する光が少ないという特徴がありますので、LED照明の元では、目的となる物(例えば本)はより明るく見え、天井など目的外の場所は暗めになります。
白熱電球用の調光スイッチはLED照明にも、そのまま使えますか?

調光用LED電球を使用すればそのまま使える場所がほとんどです。

白熱電球用調光スイッチ器に対応しているLED電球(LED電球調光スイッチ対応が必要なものもあり)を使用すればほとんどの場合、スイッチもそのまま使用することもできます。又、調光スイッチを使用する場合は、LED照明器具も電球や蛍光灯と同様、明るさを落とせば消費電力が低下し、より省エネ効果が高くなります。
今、使用している照明器具にもLED電球を取り付けられますか?

電球形の場合は、LED電球を使用できますが直管形蛍光ランプの場合は、工事などが必要となります。

電球形の場合は、口金や形状が合っていればそのままLED電球に交換し、使用することが出来ますが、既存照明器具との互換性の問題で、短寿命になってしまう可能性があります。 又、直管形蛍光ランプの場合は、互換性など安全性の問題により、直管形LEDランプにそのまま交換することが現状では難しい状況です。尚、工事の際には、専門の電気工事 有資格者にて施工をお願い致します。
LEDの光は、人体への影響はありませんか?

近年は光のチラつきも抑えられ、人体への影響も心配がなくなっています。

登場したばかりの頃のLED照明では、光のチラつきによって体調不良をもたらしたという報告もありましたが、現在の商品ではその多くが大きく改善されています。更に、現在の白色LEDは、紫外線を放射しないものが主流で、紫外線による体への影響の心配もありません。但し、LEDの発光部分は非常に輝度が高い為、直視すると目に影響を与える恐れがあります。LEDは直視しないようご注意下さい。
LEDは色のバラツキがあるのですか?

LEDの中でも特に白色LED・電球色LEDは、蛍光灯や白熱灯の一般的な光源に比べてバラツキが大きいのが実情です。

従って、LEDを組んだ状態での「色目」は商品により異なる場合がありますのでご了承ください。
LEDは発熱をするのですか?

LEDは発熱します。

LED光源は高輝度の需要が増えており、弊社の商品も高輝度タイプのLED光源を使用した製品があります。この高輝度タイプLED光源においてはLED光源自体の発熱が多いため、LED製品の設置環境として密封を避け可能な限りLED商品の熱を逃がす構造を考慮することをお願い致します。

このページの一番上に戻る